fc2ブログ

ラジオ修理

関東も梅雨入り、週明けは台風接近。
今日も蒸し暑かったですねぇ。
仕事の方もひと段落してしまい(困り)
今日は午後からラジオの修理をして遊んでおりました(笑)

このラジオ、アメリカ製、ハリクラフターズ(Hallicrafters)と言うメーカーの、S-38Bと言う真空管ラジオです。
1947~1953年に製造された、70年前のラジオ。
20180609_135442.jpg

20180609_135432.jpg

中古を入手しましたが、最近ガリガリとノイズを出すようになり、ハラワタを覗くと70年前のコンデンサーがヤバそう。
当時のコンデンサーは多分、湿気防止だと思うのですがパラフィン(蝋)漬け処理がされてます。
がぁ~!そのパラフィンが溶け出してベトベト・・・
早速交換しました!

交換前
20180609_140110.jpg

交換後
20180609_161553.jpg

70年前のコンデンサーと比べると、現代のコンデンサーはこんなに小型!
20180609_210637.jpg

だけど、小型に成ったので足が届かない場所も有り四苦八苦(笑)
蓋を開けたついでに、S-メーター(電界強度計)を増設。
メーターのケースは、100均の台所用の砂糖や塩を入れるケースが加工も簡単なので見た目は悪いけど、これで決定!(笑)
しかし問題が!
回路を眺めて悩んでたら、これってメーター逆に触れちゃうじゃん! と言う事に気づく。
何か良いの無いかな?と物置を探したら、有りました!
逆メモリのメーターが!

早速、ケースに突っ込み配線。
20180609_210729.jpg

作業終了から2時間ちょっと。
バリバリ、ガサガサは何にも言わず、810KhzのAFN(昔のFEN)の音楽を快調に聞いてます。
20180609_223420.jpg

コンデンサーを変えた事で音の丸みが若干減ったようですが、スッキリとした良い音で鳴ってます!!
さすが、真空管ですな!(笑)
仕事が無い時には、こんなお遊びを楽しんでます。
がぁ~最近、老眼が来やがって半田付けが大変。
デッカイ虫メガネ(スタンド型のライト付き)を買ってしまいました(笑)

畳屋なのに畳と全く関係無い話、また、こんなマニアックな趣味で申し訳ござんせん(笑)
ラヂオ修理のお話でした。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

畳刺 父ちゃん様

私も知識と言う物も無く、部品交換を楽しんでいるレベルですよ。
上手く行った時だけ公開して、失敗した時には誰にも言いませんけどね(笑)
真空管ラジオ、電源入れてからしばらくして、音が出て来る。
何だか良いんですよねぇ。

No title

私はこういった事の知識が全くないので、只々凄いという思いと羨ましいなぁとつくづく思います。
真空管ラジオで聞く放送、どんな感じなのか聞いてみたいなぁ。
プロフィール

たたみや 福島

Author:たたみや 福島
横浜 金沢区の福島畳店です

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR